福山|blog & PhotoGallery

Wグランラセーレ福山の最新情報を、スタッフがどこよりも早くお届けいたします。

スポンサー広告スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタッフ日記“「日本語」って……”

そろそろエアコンの活躍する時期になってきましたね(-_-)

それにしても、雨がスゴイことになってますね……。
先日、
実家に帰るために高速道路を走っていたのですが、
突然の豪雨に襲われまして………(>_<)
2、3分程度でしたが、視界が失われるくらいでした(引笑)
大袈裟かもしれませんが、恐怖でしたよ……。
天候には敵わないですね(*_*)

と、前置きはこれくらいにして、
一気に内容は変わります(・o・)

以前にも書いたことがあるのですが、
今回のブログは“日本語”についてです(^O^)/

慣用表現や読み方、敬語など、
“日本語”ってほんと難しいですね。

私の愛読書のある一冊には、
“これを知らないと日本人として恥ずかしい!”と大きく書かれたページがありまして、
正直、グサッと刺さりました(苦笑)

例えば、
飲食店などで使われる「食べ放題」という言葉。
え!?どこが!?と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実は「食(い)放題」が正しい表現方法なのです。

ではなぜ、
「食べ放題」という言葉が広く使われているかと言いますと、
“食う”は音の響きや見た目もあまり良くないので、「食い放題」が美化され、「食べ放題」となったのです。

他には、
「こんがらがる」や「しかめつらしい」ですが、これらも誤りです。
「こんがらがる」は「こんがら(か)る」が正しく、
「しかめつらしい」は「しか(つめ)らしい」が正しい表現です。
「しか(つめ)らしい」でいえば「鹿爪らしい」というふうに漢字にすると分かりやすいです。
これらは、
言いにくいがために、言いやすく置き換えられた例です。


このように音の響きや見た目、言いやすさの為に置き換えられて、
それがそのまま広く広まって“今”に至るのでしょうね(*^_^*)


改めて、
日本語の難しさを知ったTamaruでした。
スポンサーサイト

スタッフ日記“お初”

皆様、
“初めて”の瞬間って覚えていますか??
「入学式」や「入社式」などの人生の節目(^^)
はたまた「初めてのおつかい」や「初デート」等々、
所謂、“お初”ってやつです(^O^)/
“初めて”って緊張しますよね(苦笑)

ちなみに、
昨日6月10日、お初記念日の超有名人の方がいます(●^o^●)
(昨日、アップしておけば良かったのですが……(苦笑))

それは………、


桑田真澄氏です!!

2007年6月10日に、
ピッツバーグ・パイレーツの中継ぎ投手としてメジャー初登板を果たした日です。
しかもヤンキース戦です(・・;)
内容は2イニングを投げ、1安打2失点という結果でした。
試合後のインタビューでは、
「夢が実現できてうれしい―――。チャンスをいただけてうれしい―――。」と話されていたのが印象的でした。


やはり“初めて”って、特別なもので、一生忘れることのない瞬間ですよねヽ(^o^)丿

結婚式もそうですよねヽ(^o^)丿

一生忘れることのない特別な一日、それが結婚式です(^_-)-☆

その“特別な一日”“特別な場所”がWとなっていただければ幸いです。


Tamaru

スタッフ日記“花言葉”

あっという間に6月になっちゃいましたね(・・;)

暖かいというよりも、暑さを感じるようになりましたね。
徐々に夏が近づいてきているということでしょうか(゜゜)

ショールーム横では色々なお花たちを育てているのですが、
最近は、
水をあげるだけでも、ちょっと汗ばんだり……(*_*;
これからの暑き日々がコワいです(>_<)

水をあげているだけで、花には詳しくない私ですが、
花言葉の本をパラパラ~っと、みていると「んん!!これは!!」という花を発見しました(^^)


untitled.jpg

それは“ブライダルベール”という花です(^O^)/
名前からして、素晴らしいですよね(笑)
花言葉は“願いつづける”です(^v^)

オールシーズン元気な花で、観葉植物として人気です(●^o^●)
春から夏にかけての開花期は格別です!!
かすみそうのような小さな白い花をいっぱいに咲かせた姿は軽やかで清楚であり、
名前のとおり、花嫁様をつつむベールを思わせます。

花言葉を調べてみるのも面白いですね(^^)v

さあ、今日もしっかり水をあげます(^-^)


Tamaru






スタッフ日記“初めまして”

初めまして(^^)
この度、Wメンバーの一員に加わりました、MORIKIと申します☆

この機会に簡単に自己紹介をさせて頂きます(^O^)/
 『趣味』は………何かあるかなぁ(゜゜)
   あえて言うなら、可愛い物集めでしょうか(●^o^●)
   キャラクターは“茶色と白のクマ”とか好きですね(^^♪
   ………“茶色と白のクマ”です(笑) 
  
 『好きな食べ物』は………甘い物、特に洋菓子が好きです!!
   ケーキ&パフェ&クッキーなどなど☆

 『特技』は………最近、もしかして特技(?)と思っているのは、
   「道に迷う事」です(笑)
   迷ったのではなく、道を間違えたのだと思っているのですが(汗)
   曲がる所を間違えても、ココはどこ?にはなっていないし……。
   最終的には、目的地に辿り着けてるし(>_<)
   周りには、相当な方向音痴だと思われているみたいですが(^_^;)

こんな私ですが、どうぞこれからよろしくお願い致します。

*MORIKI*

スタッフ日記“June Bride”

早いもので、もう5月も後半になりましたね(・・;)

6月、そして、7月、8月、9月、10月、11月………6月と、
一年あっという間なんでしょうね(苦笑)

6月は“June Bride”ということで、
6月に結婚式を挙げるカップルも毎年多いです(●^o^●)

“June Bride”を直訳すると“6月の花嫁”であり、
欧米では古くから、6月に結婚すると生涯幸せな結婚生活を送ることができるという言い伝えがあります(^^)

ではでは、
そう言われる由縁ですが、様々な諸説があるようでして、
ネットやら書籍やらで少し調べてみました(^^)
今回は代表的なものを少し紹介いたします(^O^)/

ひとつは、
「気候・季節」説です。
日本では6月といえば梅雨の時期ですが、
ヨーロッパでは6月が1年を通して最も雨が少ない月で、気候なども適しており、
また、「復活祭」が行われる月でもあるため、ヨーロッパ全体がお祝いムードとなるそうです。
そのため、多くの人から祝福される6月の花嫁は幸せになれるだろう、という説です。

ふたつめは、
「結婚解禁」説です。
ヨーロッパでは農作業の妨げとなることから、3月・4月・5月の3ヶ月間は結婚が禁じられていたため、
結婚が解禁となる6月に結婚式を挙げるカップルが多かったそうです。
その分、祝福も多かったため、多くの人から祝福される6月の花嫁は幸せになれるだろう、という説です。

では、
「何故、日本で“June Bride”という言葉が知られ、そして広まり、人気になったの??」
と、思われる方もいらっしゃるかと思いますが、
その理由については敢えてここでは触れません(笑)

他にも様々な説があるようですが、
あくまでも諸説なので、信じるか信じないかはあなた次第です(笑)


Tamaru






次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。